体験・参加

素材

木の雑貨 木製家具
BIKAKU FURNITURE

 

桧・杉 活用プロジェクト

桧・杉の活用 間伐材プロジェクト本プロジェクトは、全国で問題となっている、山と森の問題、桧と杉の需要拡大という課題に対して、ものづくりの立場からなにか出来ないかと考え、取り組んでいるプロジェクトです。

桧と杉がなぜ使われないのか、まったく理解できません。

杉はナチュラルでリラックスしたスタイルのインテリアをつくるのに最適な素材です。また、桧は言わずと知れた世界随一の優良材、強度といい風合いといい耐久性といい、申し分がない最高の木材です。木に詳しい大工さんのほとんどが、最高の木は桧であるという見解で一致しています。

本当に木のことを知っているならば、ちょっとくらい外国産材が安いからといって、桧や杉を選ばない理由は、私たちには全然まったく、これっぽっちもないのです。安いからひのきや杉を使うのではありません。ひのきや杉が、良い空間、良い建物を作るのに最適だから選ぶのです。

私たちはこの、いまちょっと軽んじられているものたちが、本当のところどれほど良いものなのかということを、実例をつくることによって示していきたいと考えています。

「桧と杉の家」

設計・施工監理、造付家具及び建具等製作:湧口善之(株式会社建築と木のものづくり研究室)

構造材から仕上材、端柄材、家具や建具にいたるまで、「ひとつの山の木で作る」という木造建築のひとつの理想を実現すべく、最高の桧と杉を求めて奈良県の吉野に通い、山元の製材所で木材を一括購入、昔ながらの手加工で材を加工し、組み上げました。構造材、造作材、床等仕上材、一部の建具に桧、造付け家具や建具に杉を使用しています。

桧・杉の活用 間伐材プロジェクト桧・杉の活用 間伐材プロジェクト

桧・杉の活用 間伐材プロジェクト

・桧や杉を構造材、仕上材に使用した住宅
・桧や杉が、和風以外のスタイルでも最良の選択のひとつであることを示す
・他材をもって代え難い杉や桧の魅力を表現

「桧と杉の家具」

桧・杉の活用 間伐材プロジェクト桧・杉の活用 間伐材プロジェクト

・桧と杉は和風はもちろん、幅広いインテリアスタイルに調和します。
・杉は少し光を吸収するかのような奥ゆかしい柔和な表情で、正にその点が、他材をもって代え難い魅力であると言えます。平安、調和、といった言葉がぴったり来るような、日本古来の公家文化的美意識を最も良く表現してくれる素材です。キラキラと輝いたり重厚で立派であったり力強く迫力があったりいった、アタックの強い分かり易い高級感を押し出す向きとはまったく反対の、静かや優しさ、調和など、ナチュラルでリラックスしたスタイルの美意識に最もマッチする素材です。

「活動報告」

桧・杉の活用 間伐材プロジェクト

2011年9月、飛騨・世界生活文化センターで行われた、NPO 山と森 お援け隊 第1回総会・交流会(高山および飛騨の両市長をはじめ間伐材問題に取り組む関係者が多数出席)において、これまでの取組と桧・杉の需要喚起に向けた考え方について講演、また作品を展示・発表させて頂きました。

桧・杉の活用 間伐材プロジェクト

2011年10月28~30日
「2011飛騨・高山 秋の文化・産業フェスティバル」において、杉と桧の家具を展示させて頂きました。

現在販売中の作品「杉、桧のごみ箱」

桧・杉の活用 間伐材プロジェクト桧・杉の活用 間伐材プロジェクト

幅広く使って頂ける商品をと考え、色々と試作を繰り返す中で辿り着いた作品です。
優しい風合いで、和風はもちろん洋風、とりわけ北欧モダンのような空間にもよくマッチします。
内側には、ビニール袋を綺麗にセットできるようになっています。詳細はこちらへ。

製品化準備中「桧と杉のバイクハンガー」

桧・杉の活用 間伐材プロジェクト桧・杉の活用 間伐材プロジェクト

サドルを引っかけるタイプのスポーツサイクル用ハンガーです。間伐ひのき材を活用して作ります。

自転車ハンガーは、看板と並んで店舗正面の目立つ場所に設置される事が多いにもかかわらず、これまで機能を満たせば良いというだけのものがほとんどでした。それに対して、このバイクハンガーは本物の木と金物のインダストリアルな質感による意匠性が高く、これまでのものとは一線を画します。

木の部分に文字などを表示したり、色を付けたりすることも簡単で、設置場所に合わせてカスタマイズできます。六角レンチでボルトを外せばバラバラになり、イベントなどへの持出も簡単です。

現在、試作品が完成し、耐久テスト中です。

製品化検討中「桧と杉のキット家具」

桧・杉の活用 間伐材プロジェクト桧・杉の活用 間伐材プロジェクト

上写真の作例は、13mm×40mm断面の杉のみを使用。天板は同じ断面材による集成材。ビスが打てれば製作可能。仕上げのサンドペーパー掛けや角の面取り、塗装などのアレンジはユーザー次第。他の木材を追加して改造することも容易。本品を組み立てるのに必要な工具はドライバーと木工用ボンド程度です。

・簡単な工具があれば製作可能な家具のキット
 (工具、技術、デザイン、価格等、自作に伴うハードルを下げる)
・本物の素材と美しいプロポーションが基本にある
 (造り手の技量によって多少仕上がりが悪くなってもOK。上質なインテリアのなかで調和できる)
・小さな梱包にできるため、気軽に持ち帰ることができる。
 (幅広い店舗で取り扱い可能、ネット通販にも馴染みやすい)

桧・杉の活用 間伐材プロジェクト桧・杉の活用 間伐材プロジェクト

上左写真:45mm×150mmの断面材によるソファ。長さの違う同一断面の木材と、ビス打ちのみで製作。
(クッションを外した状態)

上右写真:半割の丸太をベースにした照明器具。ヘッド部分とベース部分の形状をユーザーがアレンジ。

開発頓挫中「SEL-b」ほか

桧・杉の活用 間伐材プロジェクト

「SEL-b」はブロックのように組み立てたりバラしたりして色々なものが作れるというコンセプト。いろいろと試作品を製作し、試行錯誤を繰り返しているのですが、強度や耐久性に問題があり、これまでのところ失敗が続いています。